ローリングストックで防災グッズを効率よく備蓄するコツとは?

ローリングストックで防災グッズを効率よく備蓄するコツ

今回は、備蓄方法についてのお話です。災害に備え、各家庭では非常食や水を備蓄されることでしょう。備蓄する上で大切なものは何ですか?と聞かれると大半の方が「保存期間!」と回答されるのではないでしょうか?

「なるべく保存期間が長いものを」という視点で商品を選び大量に買い込んで備蓄しておくと思っていませんか?

ある地方で地震が起こった時、ニュースでその惨状を知って、危機感を覚えて大量に備蓄したものの・・・・そのまま放置して、気がついたら賞味期限が全て過ぎていた!という方がおおいのではないでしょうか?

この現象はよほど防災意識が高く、カレンダーに保存期限を書き込んでいるような人でもなければ回避しづらいと思います。そこで考え出されたのが「ローリングストック(ローテーション備蓄)」です。

「え?何か難しそうな言葉だなあ・・・」と思われるかと思いますが、りくつはすごく簡単です。非常食を賞味期限が来るまでほおっておかず、定期的に食べてしまって、その分新しいものを買い足すようなサイクルにしてしまえば良い、ということです。

ね?簡単でしょ?なのにいざなかなかこれをやろうとしても実践できません。長期保存に特化したものは、以下のデメリットがあると考えているからじゃないでしょうか、今回はこの点を解決していきましょう。

長期保存に特化した備蓄の問題点
  • 長期保存向けのため味がいまいちかも?
  • 製造コストがかかるので単価が高めなことが多い?
  • しまいこんであるので出すのが億劫で忘れる?

問題点1.長期保存品は味がいまいち美味しくない?

長期保存品は味がいまいち美味しくない?

近年の保存食はどれをとっても不味いと言うものはありませんのでまずは安心して下さい、一昔前とは全然違います。購入した保存食をきちんと一度は食べていますか?買うだけ買って放置しているご家庭が多いと思います。

「緊急用の保存食だから、あんまリ美味しくないだろうな・・・」と考え、時間とともに忘れさられていきます

食卓でご家族の口にあうかどうか判断する事が大切です。人間一度美味しいとわかってしまえば、「あ、賞味期限が来る前にまた食べよ!」と、思い出すことが出来ます。

一度でも備蓄品を消費する流れに乗れば、古いものから順に消化してその都度新しいものを買うローリングストックの流れに乗せる事が出来ると思います。

食料や飲料水を購入したら、すぐにしまいこんでしまわずにその日の内に食卓にだして味わってみましょう。買ったらその日の内に食べてみて、ご家族で話題にしてみてください、最初がとても肝心です。

味・手軽さの観点でおすすめの「食料」をレポートした記事もありますので、併せてご一読ください。

災害時の食料、美味しい・手軽・高カロリーなおすすめ保存食(備蓄)

問題点2.長期保存品は単価が高めなことが多い?

問題点2.長期保存品は単価が高めなことが多い?

一度ローリングストックの流れに乗せることができれば、全ての防災グッズを長期保存品にする必要はなくなります。スーパーで格安で売っているレトルト食品は確かに賞味期限は短いです。仮にレトルトカレーを例にとると、おおよそ1年位です。

長期保存のレトルト製品と普通の製品の価格を比べると、中には [格安レトルト品1年保存3つの価格 = 3年保存のものを1つ] なんて極端な例も確かにあったりします。

「震災や防災目線で備蓄専用品をわざわざ別で買う」状態では、単価が高いから買い直すのが億劫になると考えてしまいます。そうなると、消費期限が近づいてきても中々買い直すと言う考えに至らなくなってくるのです。

これを「日常で消費するものを買って、新しいものをストックに回すだけ」にできれば、その考えを変える事が可能です。ローリングストックの流れに乗せやすいものの例を幾つかあげておきます。

ローリングストックの流れに乗せやすいもの
  • 飲料水は古いものから食卓で消費して新しいものをストックに回す
  • 食料は料理が億劫になったときにでも食べてしまえば、消費期限が短いものでもOK
  • 電池も日常で消費してしまい、新しいものをストックへ
  • タオルや下着等使用により経年劣化するものも同様

このように防災用の持ち出し品の中で日常の消耗品に相当するものは、ローリングストックの流れに乗せる事が出来る物がいくつもあります。短期的に消費出来るということは、消費・賞味期限が短くても問題ないので、その分専用の備蓄品を買わずにすむので単価を抑えることが可能です。

問題点3.備蓄を出すのが億劫で忘れてしまう

問題点3.備蓄を出すのが億劫で忘れてしまう

実はこれが一番難関だったりします、人間面倒くさいのが嫌いです。考えたくないから、高価な長期保存品を大量に一度に買い込んで、そして忘れてしまうのです。忘れているなら、忘れないようにするしかありません

あなたもパソコンやスマートフォンはほぼ毎日見ると思いますから、通知ツールを上手に活用しましょう。

非常食を購入したら真っ先にこのツールに予定を入れてしまうのです。そうすれば、時期が来たら自動的に通知してくれますから、嫌でも思い出させてくれます。また、アナログな方法ですが玄関や目につきやすい所に張り紙をしておいても良いでしょう。

ポイントは、購入したらすぐにこの作業をやると言うことです。時間が経てばたつほど忘れていってしまいます。一度でも防災意識をもってこのページをご覧になって防災用品を揃えたあなたなら、どこかの地方で地震が起きるたびに頭の片隅のストックのことを思い出される事でしょう。

その時に、「ああ・・・そういえば、あのホームページでこんなこと言ってたな」「そろそろ備蓄の賞味期限確認しとくか・・・」と思い出して頂ければ幸いです。

コメントは受け付けていません。