【軍手】防災(震災時)に適した手袋のおすすめは?純綿からケブラー素材まで性能比較

現場系の職業以外のかたは、日常生活で手袋をして作業することはほとんどないんじゃないかと思います。やっても畑仕事やちょっとした日曜大工のときに、ホームセンターで購入したお徳用の軍手を装着して作業する程度ではないでしょうか? なので、あなたの手先は、危険が潜む現場で雑多な作業出来るほど鍛えられておらず、手の皮も薄いのです。少しの棘や擦過によって簡単に怪我をしてしまいます(本当に些細な事で

続きを読む

素早く安全に避難するために、防災に適した靴を選ぶ

地震災害のあとは、ガラス片・釘・がれき等が散乱していることが想像できます。普通のスニーカーでそれらの上を歩いてしまったら簡単に靴底を貫通してしまいます。 もし、避難の途中に足に致命的な傷を負ってしまったら・・・、頭・体・手と防御が必要な箇所はたくさんありますが、足をけがしてしまって災害時に行動不能になることは絶対に避けたい所ですね。 足元の防御を考えるのであれば、現場作業者向け

続きを読む

【懐中電灯】震災の停電対策は?防災の定番!電力消費の少ないLED懐中電灯!

普段これだけ身の回りに電気の明かりが満ち溢れていると、大規模災害時の停電は中々想像しづらいと思います。そのため「そもそも懐中電灯いる?」と言った意見も結構周りから聞こえてきます。 しかし、現実問題として震災発生時には長期間電力が復活しないといったケースもありえます。最も直近の例でいうと北海道地震による大規模停電や、大阪に大きな被害をもたらした、今世紀最強とされる台風21号が思い出され

続きを読む

防災に役立つ万能ナイフ(ツールナイフ)、最低限の必要な機能と不要な機能を考える

近年はツールナイフ、万能ナイフと表現がスタイリッシュになりました。表現だけでなく、アクセサリー性も向上しています。首にぶら下げたり、キーホルダーにつけたり、とてもオシャレなアイテムになっています。 今回は、そんな万能ナイフの選びかたや防災における利用シーンについて考えてみましょう。 避難生活をする上で万能ナイフのに必要な機能とは? 最低限の機能ならナイフの

続きを読む

震災後のトイレは悲惨な状態?!簡易トイレが活躍するシーンを徹底分析

震災などで水道のインフラが損傷を受けると水が使用不能となります、すると・・・用をたした後に水が流せない状況になります。トイレを流すには、1回あたり8~10L程必要ですが、断水していた場合は流すための水がありません。 ご自宅やマンションでも断水すれば、同じような状態になってしまいますが、対策として「風呂上がりの浴槽に水を貯めておく」という方法が浸透しています。しかし雑菌の急速な繁殖や転

続きを読む